わかりやすい

girl smiling

アダルト動画やAVを見ていると、プロの女優の時ならまだしも、素人モノを見るなんて・・・と恋人から激怒されたことがあります。色々と言いたいことはあったのですが、女性の怒るポイントがよくわからないと思いましたね。元カノ曰く、素人モノを見るのは満たされていないように感じる。それに変態的である。というのが彼女の言い分でした。
変態的という言葉にショックを隠しきれなかった自分ですが、アダルト動画やAVというのは単なる興奮材料なので、当時はなぜそれくらいのことで彼女が怒るのか理解できませんでしたね。あれから少しは女性の気持ちがわかるようになったので、今の自分だったら彼女と別れずにすんだのかもしれません。

アダルト動画やAVが与えてくれるモノというのは、あからさまなエロスです。動画を求めている時は、たいていすぐに放出したくてたまらなくなっている時です。料理を作る時にはレシピの載った料理本がいるように、スッキリ放出するためにはわかりやすい材料が必要となりますので、あからさまなエロスを提供してくれるアダルト動画やAVが必要になるというわけです。

男は目で見て興奮します。動画にはあらゆる興奮材料が目白押しなので、それを見ると男がすぐに興奮できるように作られています。
また、こちらは映像を見ているだけなので、体力と知力がいらずに手軽に処理できるのも他にはない魅力なのです。

だから、素人モノが変態的という感覚は自分にはありません。ただその時の自分にしたら、素人にわかりやすいエロを感じただけのことです。それが日によってはSMになることもありますし、アニメになることもありますし、洋モノになることもあります。だから素人でないと興奮しないということはないのですが、彼女にはあからさまなエロは求めていません。あからさまなエロは、動画を見て処理したい時だけでいいのです。

漫画にしろビデオにしろ、二次元の物はアダルト系の中でも異色のものとして扱われていました。
しかし、最近では3次元のアダルトコンテンツに迫る勢いで、二次元のコンテンツが活発になっていってます。
そのため、あらゆるエロ雑誌の出版社があらわれ、色々な雑誌を出すようになってきました。
これらが流行った大きな理由は、おそらく日本という国の特殊性が大きく関わっているのだと思います。
日本という国はオタク文化と呼ばれるほど、アニメや漫画の産業が活発です。
他の国に比べても、格段に日本のアニメや漫画というのは素晴らしいもので、各国に翻訳されて売られているほどです。
だからこそ、アダルトコンテンツにもアニメを出すというのは、ごく自然な流れだったのかもしれません。
昔に比べて、エロ漫画家全体の画力も上昇し、ストーリー等も一般のアニメにも負けないくらい練られているものも多いです。
そのため、エロ目的なだけでなく、純粋にアニメやゲームとして楽しみたい人が買うというようなこともあるようです。

アダルトアニメやアダルト漫画というものが流行ったもう一つの理由が、ネットの充実度にあると思います。
昔のアダルトアニメはレンタルビデオ屋で借りる、自販機で購入する、電話やハガキの通販で購入するというような、少し面倒な手順を踏まなければならないものが多かったです。
しかし、最近ではネットで簡単に購入できたり、レンタルで出来たりします。
また、サンプルとして一部だけ見せてくれるようなサイトもあるため、購入者は劇的に増えていきました。
これらの理由からアダルト関係のコンテンツは更に充実していき、アングラ的な存在だったものでなくなってきたのです。
アダルト動画を見るのは後ろめたいと思っている人が多かったですが、今では男なら当然という雰囲気になり、男同士であれば好きなAV女優について話すようなこともあります。
アダルト漫画も電子書籍のおかげで見ている人が急増しました。
そのため、多くの漫画家志望者がアダルト漫画の制作をしている状況になり、アダルト漫画というコンテンツのレベルも上がってきました。

一心不乱

girl with a tattoo on foot

アダルト動画やAVは、自分にとっては息抜きのような存在です。息抜きがないと、元気に仕事に行けません。おそらく抵抗力も落ちてカゼをひきやすくなったりもして、楽しい生活とは程遠い毎日になるのではないかと思います。だから元気に日々を過ごしていくために、息抜きの時間というのは絶対必要です。息抜きの対象となるのが人によって違うだけで、それがたまたま男にとってのアダルト動画やAVだったというだけなのです。

アダルト動画やAVを見ている時の気分は、なんと表現したらいいですかねぇ・・・。あえて言うなら、お菓子をつまんでいる時の気持ちに近い気がします。お菓子を食べている時は、最初の一口二口は美味しいと思いながら食べていますけど、その後はだんだんと無に近い状態になっていませんか?
最初は味わいながら食べていたのに、いつの間にか食べ干すことが目的になっていて、お菓子の袋が空になるまでは一心不乱に食べ続けているのです。だから、アダルト動画やAVを見ている時も、最初はこの女優さん可愛いなぁとか、スタイルがいいなぁとか色々思っていますが、途中からは一心不乱になって無の状態で見ていますから、いつの間にか作業に変わっていますね。

おやつでピンと来ない人は、お酒で例えてみるといいと思います。自分も仕事終わりにはよくアルコールを飲みますが、最初はビールの味を噛みしめるようにして飲んでいますが、2本目3本目となるにつれて、味よりも飲み干すことが目的になっています。だから途中からは、酔うという目的を達成するためだけに飲んでいるところがありますね。

つまりアダルト動画やAVは別腹ですし、これがないと味気ない毎日になってしまうので、やはり息抜きは何かしら役に立っていると思います。

二次元の物が好きな人であれば、誰でも知っているのがコミックマーケットと言われる年に2回のお祭りです。
このお祭りは夏と冬にあり、多くの企業も参加しているほどです。
また、このコミックマーケットの多くの特徴は、素人が自分の書いた漫画を売っていることです。
エロ漫画であったり、非エロ漫画であったりと、あらゆるジャンルの漫画が100円から500円程度で売られています。
漫画だけでなく、素人が作った小物等も売られているため、気に入った人が買っているようです。
企業では何をしているのかというと、新しいエロゲームや、エロアニメの宣伝であったり、抱きまくら等のグッズ販売です。
このお祭りは1日で1億円以上のお金が動いているとされるため、あらゆる企業はこのお祭りにどうしても参加したいという状況です。
また、このコミックマーケットは3日続けて開催されるもので、1日目、2日目、3日目によって、売られているジャンルが違うというのも特徴です。
ちなみに、夏に行われているコミックマーケットを夏コミ、冬に行われているコミックマーケットを冬コミと呼びます。

sexy girl lying on the bed

コンビニ気分

girl with a big ass

可愛い女の子ばかりです!アダルトサイトの老舗で配信されている動画をチェックしてみよう!

無修正のアダルト動画を見てみたいなら簡単に見れるコチラのサイトへ!

コンビニは便利ですよねー。24時間開いていて、夜中に急に何か食べたくなった時にも便利です。雑誌もあるし、猫缶もあるし、飲み物もあるし、調味料もあるし、文房具もあるし。とにかくたいていの欲しい物がそろうので、コンビニはほんとに便利だと思います。家から徒歩5分圏内にコンビニがないと不便さを感じてしまうほどです。

アダルト動画やAVも、見たいときにいつでも見れて、たいていのエロがそろっているので、コンビニに行くのと同じような気持ちで利用しています。コンビニに行く時はいつか?と言われても、すぐには答えられないですよね。用事があって行く時もあるし、用事が無くても行く時があるし。暇さえあればいつでも行ける状態なので、アダルト動画やAVにも同じことが言えると思います。

アダルト動画やAVをしばらく見ていないと、困ったことになると言うよりは、どんなエロスにも興奮することができて困ります。普段は見向きもしないような動画でも興奮するようになるので、ある意味では節約効果があると言えるかもしれません。

アダルト動画やAVというのは、男にとっての息抜きです。処理とエッチは別物なので、彼女がいても見たくなるし、もし取り上げられたら多分生きていけないと思います。もし、この世からスイーツやアルコールが無くなったらどうなるでしょうか。それはつまり息抜きのない退屈な世界が待っているだけなので、アダルト動画やAVのおかげで毎日元気に過ごせているのです。

動画には色々なエロが出揃っていますが、昔から固定ファンをつかんでいるのは素人モノですね。素人の魅力を一言で言うなら、季節限定感・・・とでも言いましょうか。見せどころをバッチリおさえているプロの女優もいいのですが、初モノ感が満載の素人動画には、素人にしか出せない魅力がふんだんに詰まっています。

素人さんの照れている表情に新鮮さを感じるとともに、今後はこの子がどう変わっていくのだろうという期待感もあります。今しか味わえない魅力がてんこ盛りなので、アダルト動画やAVにはやっぱり素人モノが欠かせないと思います。

アダルトアニメが最初に作られたのは、1932年の頃です。
しかし、この当時の社会情勢では、アニメというのは子供が見るものであり、そこに性的要素を入れてはいけないというのが当然でした。
そのため、非合法の公開となり、作者も検挙される事態となってしまいました。
ですが、それから時を経て1980年代になると、アダルトビデオの延長線上として、アダルトアニメが出てくるようになりました。
しかし、まだまだ人気とはいかず、あくまでもアダルトビデオの中のマイナーなコンテンツとして認識されていたのです。
アダルトアニメがブレイクしたのは1984年頃だと言われています。
この頃からアダルトアニメの購入者は一気に増えていき、制作会社も多くなっていきました。
そして現在ではヒットしたアダルトゲームが必ずといっていいほどアダルトアニメとして出るというほど人気のコンテンツとなっています。
また、アダルトゲームの中には、そのままアダルトアニメにならず、一般のアニメとして出たり、全年齢向けのゲームとして再販されるというような事態にまでなっているものもあります。
全年齢向けのゲームではもちろんエロシーン等は削除されています。